脚質(きゃくしつ)

脚質(きゃくしつ)

脚質(きゃくしつ)

 

脚質は、競争馬がもともと持っている先天的なものです。

 

「逃げ、先行、差し、追い込み」の4つにパターン分けされています。

 

また、「大逃げ、まくり、自在」なども、変則的な脚質として競馬界では言われることがあります。

 

調教により変えることもできますが、生まれたときから、だいたいの馬は、もともとの得意な脚質があります。

 

脚質は、先天的なもの、血統により受け継がれていくもの、調教で変えられていくもの、とありますが、レースに出てくるまえに調教師やジョッキーの間で、どこに適正があるのか決められているので、その脚質に合った作戦でレースが進められることが多いです。

 

 

 

レースのペースによっても脚質によって有利、不利なものがあり、
差し馬、追い込み馬は
・スローペースになればなるほど不利
・ハイペースになればなるほど有利
逃げ馬、先行馬は
・スローペースになればなるほど有利
・ハイペースになればなるほど不利
という特性があります。

 

これは、ハイペースになればなるほど
「前崩れ(レース展開が早過ぎて前の馬達がバテる←飛ばし過ぎのケース)」
が起こりやすく、
スローペースになればなるほど
「前残り(レース展開が遅いので前の馬達に余裕が出る←余力が残るケース)」
が起こりやすいためです。

 

 

 

一方的な展開(超ハイペース、超スローペース)になると、
それだけ馬達がペースに左右されてくるので、荒れる展開が起こりやすくなります。

 

逆に一定のペースになると、ゲバ評通り、順当になりやすい傾向があります。

 

このように脚質とレースペースの関連はけっこう深かったりします。

 

こちらも詳しいことは「競馬の学校 5時間目」でお話しています。

 

 

競馬用語

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
当サイトについて 無料プレゼント 競馬商材ランキング 競馬用語ポイント集 競馬の学校 私への相談内容